• 子連れ
  • 小学生
  • 圓徳院
  • 高台寺
  • 枯山水

子供たちと一緒に初めての京都旅行

2016/01/18 09:28

昨年秋に、家族で初めて京都に旅行にでかけました。
子供たちも小学生になり、京都のような情緒豊かな街を楽しむことができるのではないかと思い、計画したものです。
特に今回の旅行の一番の目的は、紅葉のライトアップをみることででした。
最近の京都は、春や秋にライトアップをしているお寺が多く、どこに行くか迷いましたが、今回は「高台寺」とそのすぐ向かいにある「圓徳院」に決めました。
夕方4時半頃になり、まず向かったのは「圓徳院」です。

まだ日没前でしたが、高台寺の前には長蛇の列ができていましたが、こちらの圓徳院は特に並ぶこともなく、すんなり入ることができました。
この寺のみどころは、二つの庭です。
まず、入ってすぐのところにある一つ目の南庭は、小さめではありましたが、枯山水の雰囲気のよい庭に、美しく色づいた紅葉がひっそりと立っており、静かな美しさがありました。方丈の間から座って眺めていると、ちょうど日没の時刻だったので、数分ごとに空の色が変化していき、庭のライトアップされた紅葉がだんだんと浮かび上がってくる様子がみれて、何とも神秘的でした。子供たちも初めて味わう雰囲気に、静かに見入っていました。
15分ほど堪能してから、北庭の方へ向かいました。
北庭は、南庭より大きく、紅葉の木々の数も多かったので、どちらかというとこちらの庭がメインのようです。美しくライトアップされた姿に、思わず何枚も写真を撮ってしまいます。こちらの庭は人も多かったですが、なんとか座ってみることもできてよかったです。

次に向かいにある高台寺へと移動しました。
私たちは、圓徳院の方で、こちらの高台寺との共通拝観券を購入できたので、何百人もいるだろう長蛇の列に並ぶことなく、そのまま高台寺の入口からすぐに入れました。これは本当によかったと思います。
高台寺で一番感動したのは、プロジェクションマッピングを使った庭のライトアップです。
庭一面に、音と光で演出された見事なショーをみるような感じで、圧倒されました。
その内容も、今子供たちの間でもブームになっている「妖怪」をテーマにしたものだったので、様々な妖怪や迫力のある龍などが次々と映像で映し出される様子に、子供たちも興奮していました。お寺とプロジェクションマッピングの融合が、なんとも絶妙で感動的でした。もちろん紅葉もいたるところで見ごろになっており、その美しさには息を飲みました。家族での京都旅行は、思った以上に子供たちも楽しめ、とてもいい思い出になりました。

この旅行で行ったスポット

圓徳院
京都府京都市東山区高台寺下河原町530

高台寺
京都府京都市東山区高台寺下河原町526

(ゆうゆう)
行った時期:2015年11月頃