京都

陰陽師と安倍晴明にゆかりの地をゆっくりと巡る

安倍晴明と言えば、陰陽師。彼のファンも少なくありませんね。もっと深く知る為に、ゆかりの地をめぐってみませんか?新発見があるかもしれません。

見る | 上京区

法成寺跡

京都府京都市上京区荒神口通寺町東入北側

阿弥陀仏に帰依した時の権力者、藤原道長が建立した伽藍の跡です。ここを訪れた道長に呪いをかけようと埋めてあった呪物を、安倍晴明が発見して道長を災難から救ったという伝説のある場所です。

食べる | 下京区

鉄輪の井戸

京都府京都市下京区堺町松原下ル

民家の敷地内にある小さな井戸です。夫の浮気に悩んだ妻が頭に鉄輪をつけて丑の刻参りをし、挙句鬼になってしまいますが、夫の依頼を受けた晴明によって退治され、井戸の横で息絶えたといわれる場所です。

見る | 中京区

長仙院

京都府京都市中京区六角通河原町西入松ケ枝町471

浄土宗西山深草派の寺院で、安倍晴明像が安置されていることで有名。目立たない場所にある静かなお寺で、もとは誓願寺の塔頭だったといいます。拝観は無料ですが、予約するのがお薦めです。

見る | 上京区

死者が生き返った伝説の橋

一条戻橋

京都府京都市上京区堀川下之町

源頼光に仕えていた剣豪、渡辺綱が、愛宕山にすむ鬼を馬に乗せたと伝えられる橋です。綱は鬼の腕を切り落とし、安倍晴明にそれを託しました。黄泉の国との接点だったとも言われる場所です。

見る | 左京区

宝物虫払会で寺宝が公開

真正極楽寺

京都府京都市左京区浄土寺真如町82

山間の静かな寺で、真如堂宝物と伝えられる極彩色の「安倍晴明蘇生之図」と、自然石に掘り込んだ「五芒星の印判」を所蔵しています。晴明が冥府の王から受け取った判と、それを受ける場面を描いたものです。

この特集へのコメント

この特集にコメントしてみませんか?
コメントする

「陰陽師と安倍晴明にゆかりの地をゆっくりと巡る」に似た特集