京都

聖徳太子の秘密を探るべくゆかりの地をたずねる

誰もが知っている聖徳太子。まだまだ知られていない彼の様々な面を知る為に、ゆかりの地をたずねてみましょう。彼の一番の願いは、一体何だったのでしょうか?

見る | 右京区

弥勒菩薩を祀る京都最古の寺

広隆寺

京都府京都市右京区太秦蜂岡町32

603年建立の京都最古の寺院です。帰化人の秦河勝が聖徳太子から賜った弥勒菩薩像を本尊として建立しました。国宝第1号に認定された優美な仏像で、古代建築ともども必見のスポット。

見る | 東山区

京都のシンボル八坂の塔

法観寺

京都府京都市東山区八坂通下河原東入ル

東山のシンボルとして有名な八坂の塔のある寺院です。聖徳太子が582年に建立し、如意輪観音を祀って塔には仏舎利を収めました。塔の心柱の最下部には3粒の仏舎利を収めた飛鳥時代の礎石を見ることができます。

見る | 中京区

六角形の本堂を持つ

六角堂

京都府京都市中京区堂之前町248

聖徳太子が念持仏の黄金の如意輪観音像を祀るために、587年に創建したお寺。正式名は「頂法寺」。太子が沐浴をしたという池もあり、柳の木が随所に植えられた美しい境内です。池坊の華道発祥の地としても有名。

この特集へのコメント

この特集にコメントしてみませんか?
コメントする

「聖徳太子の秘密を探るべくゆかりの地をたずねる」に似た特集