京都

水上勉にゆかりのある地を訪れて、人となりを感じよう。

雁の寺や金閣炎上などの作品で知られる水上勉は、幼少期に京都で小僧として修行に出されていました。ですので京都には水上勉にゆかりのある地が多く有りますので、その地を訪れて人となりを感じてみましょう。

見る | 北区

足利義満の別荘を寺にした

金閣寺

京都府京都市北区金閣寺町1

正式名称は鹿苑寺で相国寺の塔頭の一つ。内外に金箔を貼った仏舎利「金閣」が有名。足利義満の別邸として建築され、義満の死後禅寺となった。1950年に放火により炎上し、水上勉の小説の題材になっている。

見る | 北区

歴代足利将軍の廟所

等持院

京都府京都市北区等持院北町

足利尊氏が建立した臨済宗天竜寺派の寺院。足利家の菩提寺で尊氏の墓所としても知られる。水上勉はこの寺で13歳から小僧として修業し、17歳の時に脱走して帰俗した。

見る | 上京区

小説「雁の寺」の舞台のお寺

瑞春院

京都府京都市上京区今出川通烏丸東入ル

臨済宗相国寺派大本山の相国寺の塔頭。足利義満が名僧太清宗渭を相国寺に迎えるための禅室「雲頂院」として建立した。水上勉が9歳から13歳まで小僧として修行した寺で、小説「雁の寺」の舞台にもなっている。

見る | 中京区

立命館大学

京都府京都市中京区西ノ京朱雀町1

京都市の北西部に位置する私立大学。西園寺公望が1869年に私塾「立命館」を開設したことに始まる。水上勉は立命館大学文学部国文学科に入学したが、生活苦のため、わずか半年で中退している。

見る | 右京区

旧制花園中学校

京都府京都市右京区花園木辻北町1

現、花園中学校・高等学校。明治5年に京都花園妙心寺山内に宗門子弟の教育機関「三年制般若林」として創立された。水上勉が等持院時代に通い卒業した。金閣寺放火事件を起こした林養賢もこの学校の卒業生である。

この特集へのコメント

この特集にコメントしてみませんか?
コメントする

「水上勉にゆかりのある地を訪れて、人となりを感じよう。」に似た特集