京都

森鴎外ゆかりの地として有名な場所があります。

明治・大正時代の小説家で、翻訳家、軍医、官僚など様々な経歴の有る森鴎外にゆかりのある地として有名な場所が京都に有りますので、是非足を運んで森鴎外の事を学んじゃいましょう。

見る | 中京区

高瀬川「一之舟入」跡

京都府京都市中京区木屋町通二条下る西側

小説『高瀬舟』の中で京の罪人が船に乗せられるストーリー始まりの場所。現在は一之舟入だけが残っており、「史蹟一之船入」と刻まれた石標が建てられている。

見る | 下京区

権現寺

京都府京都市下京区朱雀裏畑町22

厨子王が拷問を逃れ辿り着いた場所。やりで突かれた時に守ってくれた「身代り地蔵」ここに祀られているとのこと。

見る

安寿姫塚

京都府舞鶴市下東

安寿姫が最期を遂げた場所。村人の手で大切に葬られ、毎年7月14日には夜祭りを行い多くの灯篭を灯しに安寿姫の霊を慰めている。

見る | 東山区

京都と東洋文化財の融合

京都国立博物館

京都府京都市東山区茶屋町527

森鴎外が晩年総長として係わった博物館の一つである。京都の文化を中心とした日本の文化財が展示されており鴎外の歴史を知ることができる。

この特集へのコメント

この特集にコメントしてみませんか?
コメントする

「森鴎外ゆかりの地として有名な場所があります。」に似た特集