京都

密教の教えを守り続ける、真言宗の謂れあるお寺

弘法大師の教えを今日に伝える、真言宗の謂れあるお寺を訪ねてみませんか。総本山の謂れある名所を含め、物語の謂れある寺まで。京都に構える真言宗の寺をご紹介します。

見る | 伏見区

醍醐山全体が寺域の広大な寺院

醍醐寺

京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

874年、空海の孫弟子・理源大師聖宝が創建した真言宗醍醐派の総本山。広大な境内に国宝の金堂・五重塔をはじめ京都に現存する数少ない貴重な平安時代建築を有する。五重塔内部の空海肖像画は現存する最古のもの。

見る | 東山区

皇室の菩提寺とされる御寺泉涌寺

泉涌寺

京都府京都市東山区泉涌寺山内町27

真言宗泉涌寺派総本山の寺院。平安時代に草創された前身寺院を鎌倉時代に月輪大師が大伽藍造営・再興したものと伝わる。宋風伽藍を有する境内は実に美しく、皇室の菩提寺として「御寺泉涌寺」と親しまれている。

見る | 右京区

文化財として世界遺産とされた寺

仁和寺

京都府京都市右京区御室大内33

888年に宇多天皇によって創建された真言宗御室派の総本山。古義真言宗に属する。仏像・彫刻・仏画・工芸品・書など多様で貴重な真言密教寺院にふさわしい文化財を有する寺院。華道御室流の家元でもある。

見る

興隆寺 

京都府綾部市志賀郷町町ノ下1 興隆寺

955年に空也上人によって開かれた高野山真言宗の寺院。高野山金剛峰寺が総本山。自然豊かな綾部の地で、本尊の薬師如来と、左右に十二の干支を頭上に飾る珍しい十二神将の像に癒される魅力的なスポット。

見る | 左京区

焼失したものを復興した今

如意寺

京都府京都市左京区田中門前町103-22

奈良時代に始まる行基ゆかりの高野山真言宗の寺院。国内唯一の建築様式重層宝形造の不動堂にある日切不動尊が有名。病気平癒・心願成就などを願い、年間を通して咲く約300種の花木や山野草巡りの人気のスポット。

この特集へのコメント

この特集にコメントしてみませんか?
コメントする

「密教の教えを守り続ける、真言宗の謂れあるお寺」に似た特集