京都

谷崎潤一郎の文学を味わいながら、縁の地を楽しむ一時を

濃艶に例えられる代表作「刺青」を生み出した、女性の美しさを言葉で綴る谷崎潤一郎の文学。谷崎潤一郎の愛した老舗旅館から、物語に登場した地まで。文学を味わいながら、縁の地もたどってみませんか。

見る | 左京区

秋はもみじの永観堂で知られる

永観堂(禅林寺)

京都府京都市左京区永観堂町48

平安時代に建てられた歴史あるお寺で、春は桜、夏はツツジ、秋は紅葉、冬は庭園に雪が積もることで、年中観光客が足を運ぶ場所です。谷崎潤一郎はこの永観堂の紅葉を見るのが好きだったと言われています。

見る | 左京区

真乗院(南禅寺)

京都府京都市左京区南禅寺福地町

谷崎潤一郎はこの南禅寺門前に家を構えました。そのため彼の多くの作品には、この南禅寺界隈の話が登場します。境内には美しい緑が広がっていますので、谷崎潤一郎作品の登場人物になったつもりで歩いてみるのもオススメです。

見る | 左京区

枯山水鶴亀の庭が名高い

金地院

京都府京都市左京区南禅寺福地町86-12

南禅寺の塔頭で、東照宮や枯山水庭園が観光スポットとして有名です。谷崎潤一郎の小説「月と狂言師」の舞台にもなっているので、ファンの人は京都旅行の際に立ち寄るスポットとなっています。

見る | 東山区

京都随一の桜の名所

円山公園

京都府京都市東山区円山町473

谷崎潤一郎の代表作「細雪」に登場するゆかりの地です。京都で最も古い公園で、園内には「祇園の夜桜」と呼ばれている有名なシダレザクラがあります。気候の良い時期にはお弁当を持って出かけたい場所です。

泊まる | 東山区

旅館ぎおん森庄

京都府京都市東山区八坂鳥居前下ル上弁天町43 5-6

谷崎潤一郎が使っていた宿として有名で、代表作「細雪」はこの宿で書き上げられました。細雪に登場する四姉妹にちなんで名前を付けられた部屋がある他、谷崎氏愛用の火鉢なども設置されているファン必見の宿です。

この特集へのコメント

この特集にコメントしてみませんか?
コメントする

「谷崎潤一郎の文学を味わいながら、縁の地を楽しむ一時を」に似た特集