京都

芹沢鴨の事を知りたかったら、ゆかりの地に行こう。

新選組の初代筆頭局長として活躍し、最後は暗殺された芹沢鴨の劇的な人物像を知るには、京都にある芹沢鴨ゆかりの地に足を運んでみる事が大事だと思います。

見る | 中京区

壬生塚

京都府京都市中京区坊城仏光寺北入る

近藤勇・芹沢鴨をはじめとした新選組隊士の墓や合祀墓が数多く存在し、彼らの使用していた屯所も壬生塚付近に当時のまま遺されている。

買う | 中京区

新撰組発祥の土地

八木邸

京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町24

新撰組発祥の地、壬生で最初に新撰組に屯所(宿舎)を提供したのがこの八木一家。八木家は壬生村きっての旧家として、古くからこの地を治めていた。

見る | 中京区

新撰組誕生の場所

新徳寺

京都府京都市中京区壬生賀陽御所町48

新徳寺は臨済宗の御寺で、壬生で親善組の本営が置かれた場所とされている。この本堂では新撰組発足における最初の出来事、清河八郎による尊王攘夷の大演説が行われた。

見る | 左京区

法然が初めて草案を結んだ地

金戒光明寺

京都府京都市左京区黒谷町121

通称「くろ谷さん」の名称で知られる浄土宗の御寺。会津藩お預かりとなった新撰組の前身「浪士組」はここを訪れ、新撰組となってからもここを訪ねたという。

見る | 下京区

角屋

京都府京都市下京区西新屋敷揚屋町32

角屋と芹沢鴨には切っても切れぬ縁がある。角屋で行われた宴会で泥酔し、乱暴狼藉を働いたということもあるが、何より彼は同年別日この角屋を後にし、屯所へ戻ったところを暗殺されている。

この特集へのコメント

この特集にコメントしてみませんか?
コメントする

「芹沢鴨の事を知りたかったら、ゆかりの地に行こう。」に似た特集