京都

天台宗開祖、平安時代初期の最澄ゆかりのお寺です。

比叡山延暦寺の修行僧から、後に天台宗の開祖となった高僧最澄の足跡を巡ってください。唐の国から帰ってからの活躍が目につきます。

見る | 左京区

比叡山延暦寺

京都府京都市左京区

最澄が天台宗を開祖し、創建したのがこの比叡山延暦寺です。その頃からこの延暦寺では学問・修行を通した人材育成の場として、多くの高僧を育て上げ輩出していきました。

見る | 右京区

日本三名鐘のひとつ

神護寺

京都府京都市右京区梅ヶ畑高雄町5番地

唐から帰国した最澄と空海が親交を深めることとなったゆかりの場です。二人にゆかりのある宝物も多数所蔵されており、四季折々の草花を楽しむことが出来るため観光客に人気のスポットです。

見る | 山科区

勅使坂は見渡す限りの紅葉

毘沙門堂

京都府京都市山科区安朱稲荷山町18

本尊となっている毘沙門天は、最澄自らが作り上げたものです。この毘沙門天には家内安全・商売繁盛のご利益があるということで、幅広い世代の方々が参拝に訪れます。

見る | 西京区

一休禅師が修養した竹の寺

地蔵院

京都府京都市西京区山田北ノ町23

最澄自作だと言われている地蔵菩薩が本尊になっています。この地蔵菩薩には延命ご利益、安産ご利益があり、かつては豊臣秀吉も母の延命祈願のために参拝したと言われる、歴史ある寺院です。

この特集へのコメント

この特集にコメントしてみませんか?
コメントする

「天台宗開祖、平安時代初期の最澄ゆかりのお寺です。」に似た特集