京都

絶世の美女・小野小町ゆかりの地

絶世の美女として知られながらもその詳細は不明点が多い小野小町。彼女にゆかりのスポットを集めてみました。小野小町の人生に少しでも触れてみたい方へ。

見る | 山科区

小野小町ゆかりの寺

随心院

京都府京都市山科区小野御霊町35

真言宗善通寺派大本山の仏教寺院。深草少将の百夜通いの舞台となった。毎年3月にはねず踊りが開催される。小野氏が栄えた地として、小町の邸宅跡があることで小野小町ゆかりの寺としても有名。

見る | 中京区

貴重な社殿に注目

下御霊神社

京都府京都市中京区寺町通丸太町下ル

小野小町と安部清行との逸話(清行はかねてから憧れている小野小町がいるのを見つけ、しきりに色目を使ったが小町は知らぬ顔。そこでたまりかね、歌に託して言い寄った)がいい伝わる神社。

見る | 左京区

小野小町ゆかりの寺

補陀洛寺(小町寺)

京都府京都市左京区静市市原町1140

959年建立の天台宗の寺院。小野小町終焉の地と伝わる。小さな本堂に平安時代作の阿弥陀三尊像と並び小町老衰像が安置され、境内に小町供養塔・姿見の井戸などの遺跡がある。

見る | 伏見区

欣浄寺

京都府京都市伏見区西桝屋町1038

深草少将の邸宅跡として、少将が小野小町のもとへ「百日通い」した出発地点として知られているスポット。少将は99日間通った後、明日が100日という最後の晩の大雪に埋まり凍死したと伝わる。

この特集へのコメント

この特集にコメントしてみませんか?
コメントする

「絶世の美女・小野小町ゆかりの地」に似た特集