京都

歴史でも習った親鸞ゆかりの地を訪ねてみよう

歴史の教科書にも出てくる親鸞。浄土真宗の宗祖とされる、鎌倉時代の僧侶です。親鸞ゆかりの地を訪ねて、歴史をもっと深く知ってみよう。

見る | 下京区

新撰組ゆかりの世界遺産

西本願寺

京都府京都市下京区堀川通花屋町下ル

「お西さん」で親しまれる浄土真宗本願寺派の本山。境内は桃山文化を代表する建造物や庭園が数多く残されており、国の史跡指定、及び、ユネスコの文化遺産「古都京都の文化財」登録がされている。

見る | 下京区

世界でも最大級の木造建築

東本願寺

京都府京都市下京区烏丸通七条上る

「お東さん」と呼ばれる真宗大谷派の本山。国宝「顕浄土真実教行証文類」・重用文化財「絹本著色親鸞聖人像」をはじめとした文化財を多く有する。

見る | 東山区

法然・親鸞両上人念仏発祥の地

安養寺

京都府京都市東山区円山町624

桓武天皇の勅願によって伝教大師が都鎮めの寺として創建した寺院。法然上人が三十数年間念仏をとなえたという「吉水草庵」の旧跡として有名で、門前に「真葛が原吉水庵室」と書かれた古い碑柱が残っている。

見る | 中京区

六角形の本堂を持つ

六角堂

京都府京都市中京区堂之前町248

六根清浄の願いがこめられた本堂が印象的で、親鸞が毎夜叡山を下り百日参籠したと伝わるスポット。夢のお告げを聞いている姿「夢想之像」と六角堂参籠の姿を自刻したとされる「草鞋の御影」が安置されている。

この特集へのコメント

この特集にコメントしてみませんか?
コメントする

「歴史でも習った親鸞ゆかりの地を訪ねてみよう」に似た特集