京都

桜のあとも見どころいっぱい♪京都の花名所スポット

春の風物詩である満開の桜を堪能した後も、まだまだこれから楽しめます。ツツジ、睡蓮、藤の花…京都には花名所がいっぱい。季節のうつろいにあわせて、訪れてみたいですね。

見る

八幡背割堤公園

京都府八幡市八幡在応寺

京都八幡駅前に位置し、桂川、木津川、宇治川が合流する堤防。桜祭りの桜の木のトンネルが有名だが、桃の花や、大きな桑の木が実をつけたりと、あまり知られていない景色を楽しむのも通。

見る

鴻ノ巣山

京都府城陽市寺田

桜が終わる4~5月には山ツツジが満開となり、整備された散策道もハイキングにおすすめ。山頂の展望台からは、木津川や淀川、生駒、比叡や愛宕などの山々を一望できる森林浴の人気スポット。

見る | 東山区

蹴上浄水場のツツジ

京都府京都市東山区粟田口華頂町3

丘陵にある浄水場。紅色や白、珍しい黄色などの約4600本のつつじが植えられ、満開の時期がくると一般公開される。浄水場からは市街を一望できる。

見る | 山科区

勧修寺のスイレン

京都府京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6 勧修寺内

境内の書院周辺の庭園を歩いていると、氷室の池に咲いた睡蓮や菖蒲たちの景色が広がります。平安時代には、池に張る氷の厚さでその年の五穀の実り占ったそう。6~7月が見頃。

見る | 北区

原谷苑

京都府京都市北区大北山原谷乾町36

村岩農園内にある花苑では、梅(3月中旬~下旬)や紅葉(11月下旬~12月上旬)の他に、椿、沈丁花、しだれ桃なども楽しめます。

この特集へのコメント

この特集にコメントしてみませんか?
コメントする

「桜のあとも見どころいっぱい♪京都の花名所スポット」に似た特集