京都

観光は豊臣秀吉が残したゆかりの場所へ

京都観光は大阪だけでなく京都にも豊臣秀吉が残した建造物や計画的に造った町などゆかりの土地があるので巡ってみたいですね。

食べる | 上京区

豊臣秀吉お気に入りの餅

長五郎餅本舗

京都府京都市上京区一条七本松西

豊臣秀吉に気に入られ、名前を頂いたといわれる長五郎餅は、天正15年の400年前から今日まで大切に味が受け継がれています。

見る | 中京区

織田信長を偲ぶ廟所があり

本能寺

京都府京都市中京区下本能寺前町522-1

日蓮大聖人の教えを弘める法華宗本門流の大本山です。織田信長が明智光秀に襲われ自害・焼失した本能寺は当時堀川四条の近くにあり、本能寺の変後、豊臣秀吉が現在地に再建しました。

見る | 中京区

豊臣秀吉が寺を集めた通り

寺町通

京都府京都市中京区寺町通

京都市街地中央部の南北路です。北は鞍馬口通から南は五条通まで、一条通から南は平安京の東京極大路にあたります。豊臣秀吉の京都改造で洛中の寺院をこの通りに集めました。丸太町通から南へ商店街が続きます。

見る | 中京区

京都の景観のシンボル

三条大橋

京都府京都市中京区中島町・東山区大橋町

東山区と中京区の境の鴨川に架かる橋です。1590年(天正18)に豊臣秀吉が大改修したときの銘入り擬宝珠が残り、木造欄干とともに威容を誇っています。東海道五十三次の終点です。

見る | 東山区

太閤秀吉の眠る場所

豊国廟

京都府京都市東山区今熊野北日吉町

かつての豊国社跡地にある、豊臣秀吉の墓所です。智積院と妙法院の間にある、東山へ上がる坂道を豊国廟参道といいます。長い石段を上がった阿弥陀ヶ峯の頂上に秀吉の墓があります。

この特集へのコメント

この特集にコメントしてみませんか?
コメントする

「観光は豊臣秀吉が残したゆかりの場所へ」に似た特集