京都

神社で安産祈願で御利益を頂こう!

京都の神社は歴史のあるものも多く、その場所で作法とかも多くあるので、また一味違った安産祈願をしてありがたい御利益を頂きましょう。

見る | 北区

安産の神、通称わら天神

敷地神社

京都府京都市北区衣笠天神森町

1397年足利義満が、金閣寺造営の鎮守神として現在の地に移した。昔から安産の神、学問の神として崇められている。

見る

日本三大八幡のひとつ

石清水八幡宮

京都府八幡市八幡高坊30

古やくから厄除けの神社として知られる。災いを除き福を招く「厄除けの七色守り」や祈りや思いが成就する「むすび守」が入手できる。

見る | 右京区

紅葉の名所として名高い

常寂光寺

京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3

境内から京都市内を見渡せる、嵯峨野の小倉山中腹にある寺。塀がないことで有名。紅葉の名所のひとつでもある。

見る | 西京区

安産守護とされてる神社

月読神社

京都府京都市西京区松室山添町15

松尾大社の摂社。境内には、神功皇后ゆかりの「月延石」があることから、子宝、安産を祈願する参拝者がやってくる。

見る | 右京区

縁結び、子宝・安産の神様

野宮神社

京都府京都市右京区嵯峨野々宮町1

『源氏物語』の主人公光源氏が、恋人の六条御息所に会いにいった神社として有名。この境内の神石(亀石)に触れて祈ると願い事が叶うという。

この特集へのコメント

この特集にコメントしてみませんか?
コメントする

「神社で安産祈願で御利益を頂こう!」に似た特集