京都

豊臣秀吉の黄金期を辿る 京都・秀吉ゆかりのスポット

あの天下人・豊臣秀吉が黄金期を過ごしたのが京都。太政大臣となった秀吉は聚楽第を造営し本拠地とし、その後も様々な歴史イベントが京都の地で生まれました。豊臣秀吉の華やかな時代に思いを馳せてみたいですね。

見る | 上京区

豊臣秀吉が京都に造った壮大な邸宅

聚楽第跡

京都府京都市上京区中立売通浄福寺東

太政大臣となり、九州を平定した秀吉が京都に築いた邸宅兼政庁が聚楽第。まさに秀吉黄金期の象徴的な存在。現在はその姿はほとんど残っておらず、ひっそりと立つ石柱や案内板が、夢の跡形となっています。

見る | 左京区

豊臣秀吉ゆかりの開運出世の神社

出世稲荷神社

京都府京都市左京区大原来迎院町148

下層階級の出身から天下人まで上り詰めた豊臣秀吉は、まさに日本の歴史でも有数の大出世を遂げた人物。出世稲荷神社は、そんな秀吉の卓越した立身出世にちなんで後陽成天皇が命名したもの。秀吉の圧倒的な立身出世にあやかり、出世祈願に行ってみたい場所です。

見る | 上京区

菅原道真公を祀る、学問の神様

北野天満宮

京都府京都市上京区馬喰町

北野天満宮と言えば菅原道真公で知られていますが、実は豊臣秀吉ゆかりの場所でもあります。ここの境内で開催した大規模な北野大茶湯は、秀吉が自らの権威を示すためだったとか。権威の象徴が茶会というところに、当時の歴史背景や京都らしさを感じますね。

見る | 伏見区

美しい庭で知られる、醍醐寺の塔頭

醍醐寺三宝院

京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

秀吉に関する、戦いではなく文化的なイベントの中でも特に有名な「醍醐の花見」。醍醐寺三宝院の美しい庭園を秀吉は愛し、醍醐の花見を開催しました。庶民の間でも「太閤さんの花見」として知られていたそう。当時の華やかな宴を思い浮かべながら、美しい桜を眺めてみたいものです。

見る | 東山区

豊臣秀吉を祀る神社

豊国神社

京都府京都市東山区大和大路通正面茶屋町530

豊臣秀吉を祀り、秀吉の墓所でもある神社も京都にあります。国宝の唐門は桃山建築を代表する建造物として有名な見所。秀吉の激動の人生に思いを馳せるのにふさわしい場所と言えるでしょう。

この特集へのコメント

この特集にコメントしてみませんか?
コメントする

「豊臣秀吉の黄金期を辿る 京都・秀吉ゆかりのスポット」に似た特集