京都御所・二条城

寺院建築の魅力に注目

このエリアには洛内最古の寺院建築もあります。寺院建築や庭園、美術品を創り出した匠の技に触れてみましょう。

見る | 上京区

お寺の境内にある静かな美術館

相国寺承天閣美術館

京都府京都市上京区今出川通烏丸東入

足利義光と関わりのある相国寺や金閣寺、銀閣寺に残されている文化財産が展示されていて、絵画や茶道具一式などを拝見する事が出来ます。

見る | 上京区

幕末ファン必見の場所

竹林寺

京都府京都市上京区下立売通御前西入行衛町

法輪寺の向かい側に建てられている寺院で、通常、赤門の竹林寺と呼ばれています。平安時代の初め頃に作られたと言われている、十一面観音菩薩が祀られています。

見る | 上京区

京都市内最古の木造建築物

大報恩寺(千本釈迦堂)

京都府京都市上京区今出川七本松上ル

通常、千本釈迦堂と呼ばれていて、12月に行われる大根焚きが有名です。大工の棟梁にアドバイスを行ったおかめが中心になっている物語が伝えられています。

見る | 北区

京都六地蔵巡りのひとつ

上善寺

京都府京都市北区鞍馬口通寺町東入る上善寺門前338

京都六地蔵巡りと関わりのある鞍馬口地蔵という地蔵が有名です。この寺院で祀られている阿弥陀仏坐像は、1634年に嵯峨今林蓮華清浄寺から移動されたと伝えられています。

見る | 上京区

日本最古の法堂建築

相国寺

京都府京都市上京区今出川通烏丸東入

臨済宗相国寺派大本山の寺院で、正式名称は、萬年山相國承天禅寺と言い、国宝を始め、たくさんの重要文化財産が保管されています。

見る | 上京区

小説「雁の寺」の舞台のお寺

瑞春院

京都府京都市上京区今出川通烏丸東入ル

相国寺の塔頭の1つで、水上勉が書いた雁の寺という小説のモデルになったと言われています。拝観するには予約や拝観人数が2名以上必要となっています。

見る | 上京区

延命の徳もある寺

大光明寺

京都府京都市上京区今出川通烏丸東入ル相国寺門前町701

伏見宮家の歴史を残している菩提寺で、相国寺の敷地内にあります。第93代後伏見天皇の菩提を、妻である広義門院西園寺寧子が悲しみ悼んだ事をきっかけに創建したと伝えられています。

見る | 上京区

秀吉のエピソードが残る尼寺

浄土院<上京区>

京都府京都市上京区南上善寺町179 浄土院(湯たく山茶くれん寺)

平安時代に建てれた寺院とされ、湯沢山茶くれん寺という通称名を持っていますし、木造阿弥陀如来坐像が文化財さんとして保管されています。

この特集へのコメント

この特集にコメントしてみませんか?
コメントする

「寺院建築の魅力に注目」に似た特集