「ゆかりの地」の特集


観光は有名な足利尊氏のゆかりの地を巡ってみる

京都観光は、室町幕府の創設者で初代将軍の足利尊氏の菩提寺や誕生の地などのゆかりの地や誕生の地といわれる場所に有る像も見に行ってみたいです。

豊臣秀吉のゆかりの地を歴史巡り。

歴史ある京都の町で豊臣秀吉や妻ねね様のゆかりの土地を散策して、まさに歴史の中にタイムスリップしたかの様な気分になれる事間違いなし。

足利義満ゆかりの地を訪れましょう。

京都といえば寺院等が有名ですけども、一人の武将のゆかりの地の歴史をたどってみても、とても楽しいですよ。

足利尊氏ゆかりの地の数々。歴史を歩こう。

足利尊氏ゆかりの地が京都にはたくさんあります。歴史に直に触れ、京都の素晴らしさ、歴史の深さを感じとってください。

源義経の足跡をたどるゆかりの地

歴史人物の中でも特に人気の高い源義経。京都には源義経のゆかりの地が色々とあります。義経の足跡をたどってみましょう。

芹沢鴨の事を知りたかったら、ゆかりの地に行こう。

新選組の初代筆頭局長として活躍し、最後は暗殺された芹沢鴨の劇的な人物像を知るには、京都にある芹沢鴨ゆかりの地に足を運んでみる事が大事だと思います。

小説羅生門の舞台になった場所に行ってみよう。

生きるための悪という人間のエゴを題材にした、芥川龍之介の代表作品の一つである羅生門は教科書でも扱われることが有る小説です。京都にある小説の舞台になっている場所を行って、羅生門の世界を感じてみましょう。

作家井上靖が学生時代を過ごした京都ゆかりの場所です。

京都帝大在学中の、井上靖の京都での足跡を歩いてみて下さい。井上文学の歴史物に少なからず影響を与えていたことでしょう。

会津藩主松平容保が京の都に残した足跡です。

八重の桜でも見ることが出来ました。京都守護職として京の都に赴任した会津藩最後の藩主、松平容保のゆかりの場所です。

織田信長ゆかりのお寺や城跡を巡ってみませんか?

本懐半ばにして本能寺でその生涯を終えた信長の、京都での足跡を巡ってみましょう。本能寺の変がなかったら。その後の信長の人生を想像してみませんか。

愛され続ける芥川龍之介の世界を巡るゆかりのスポット

美しい文学の中に、人の心に思う感情を書き連ねた美しくも無慈悲な世界。芥川龍之介の作品に込められた言葉は、世代を超えて愛され続ける。物語の舞台となった京都の地にて親しむスポットを特集します。

熱きの志を引き継いだ漢、土方歳三の足跡をたどる旅へ

熱き新選組の志を引き継いだ漢、土方歳三がかつて仲間とともに駆け抜けた道を辿る旅へ、新選組ファンの方々もぜひ足並み揃えて、共に駆け抜けるツアーをご紹介します。

京都には淀君のゆかりの地がいっぱい

豊臣秀吉の側室として歴史上の女性人物としても有名な淀君。京都には淀君にゆかりのスポットがたくさんあります。歴史の動乱を生き抜いたその半生をたどってみたいものです。

京都にもある!徳川幕府関連スポット

徳川幕府といえば江戸東京のイメージですが、京都にも歴史に関連する重要なスポットが色々とあります。歴史好きなら訪れてみたい場所ですね。

茶の湯の心に近づける?千利休ゆかりの地をたずねて

京都はお茶や茶道で有名ですが、わび茶を歓声させた千利休にまつわるスポットも色々とあります。実際にその場所に行けば、茶の湯の心の真髄がわかるかもしれません。

本能寺を始め、明智光秀のゆかりスポットを集めました

歴史を大きく変えた人物・明智光秀。本能寺の変があまりにも有名ですが、他にも明智光秀関連スポットが色々あるんです。

絶世の美女・小野小町ゆかりの地

絶世の美女として知られながらもその詳細は不明点が多い小野小町。彼女にゆかりのスポットを集めてみました。小野小町の人生に少しでも触れてみたい方へ。

歴史でも習った親鸞ゆかりの地を訪ねてみよう

歴史の教科書にも出てくる親鸞。浄土真宗の宗祖とされる、鎌倉時代の僧侶です。親鸞ゆかりの地を訪ねて、歴史をもっと深く知ってみよう。

女流歌人大田垣蓮月の心とゆかりの和の美を味わう

言葉一つ一つに心をこめて、白き陶器に筆で言葉を書き留める。日本に美しき詩と共に今も親しまれる、女流歌人大田垣蓮月の詩と心を味わう縁の地です。受け継がれる和の美をぜひお楽しみください。

苦難の人、日蓮聖人の思いを受け継ぐ京都の仏閣

鎌倉中期、蒙古襲来に揺れる鎌倉幕府の中法華宗を唱え平和を願った、苦難の人日蓮聖人の思いを受け継ぐ京都の仏閣。日々の生活や芸能のお願いを込めて、ぜひ訪ねたい日蓮宗のお寺です。

密教の教えを守り続ける、真言宗の謂れあるお寺

弘法大師の教えを今日に伝える、真言宗の謂れあるお寺を訪ねてみませんか。総本山の謂れある名所を含め、物語の謂れある寺まで。京都に構える真言宗の寺をご紹介します。

室町から群雄割拠の時代へ、応仁の乱の面影を古都で探る

室町時代から群雄割拠の時代へ。約100年以上続く戦国時代の移り変わり、大乱の記録「応仁の乱」を古都で探る足取を探る散策はいかがでしょうか。今も残る史跡を感じる古都の旅です。

レモンが憂う、梶井基次郎の心を語るゆかりの地

京都の学生街を爽やかに香るレモンが悲しく、主人公の心境を映し出す。心境小説派の大正文学の文豪、梶井基次郎が心のなかに感じた街並みを振り返る街並みを味わってみませんか?

大衆からとても愛された、一休宗純の人柄を探す縁の名所

僧侶でありながら、行動は予想もできない一休宗純。しかし、明るく・人情派として情の厚い人柄で大衆に大人気となった僧侶でもありました。アナタも一緒に一休さんの人柄を探る縁の地を訪れてみませんか。

平安末期の風雲児平清盛、縁の功績残る史跡巡り

平安時代の公家社会を武家社会へ変動させた、平安時代時代末期の風雲児「平清盛」 京都の神社・仏閣を巡りながら、型破りの新しい仕組みを創り上げる偉人の姿を追う縁の地を巡ってみませんか。

燃え広がる本能寺、歴史の大事件に縁あるスポット

漆黒の夜の空を赤く染め、燃え広がる本能寺。かの地で倒れた群雄割拠の覇者、織田信長は何を思ったのでしょうか。現在の京都でも戦国の時代を面影を語る名所を辿る歴史ファン必見のスポットです。

美しい絵と美しい詩。縁ある与謝蕪村の心に触れる地

筆を持ち日本画を描き詩に込められる気持ちとは、美しい絵を思い描く美しい詩。素敵な言葉と絵画の世界を確立した与謝蕪村の色彩。新鮮に移る作品を生み出した与謝蕪村の心に触れる縁の地です。

世阿弥の足取りをたどる、ゆかりのある寺々です。

幽玄の世界を生きた世阿弥の半生を辿ってみましょう。華やかな世界に生きながら幽玄を舞っていた世阿弥の波乱万丈の半生としばし触れ合ってください。

紫式部ゆかりの場所で千年の昔に思いを馳せましょう。

源氏物語の舞台となった場所や、紫式部ゆかりの神社仏閣を巡りながら、千年も前の公家の色恋に思いを馳せてください。

谷崎潤一郎の文学を味わいながら、縁の地を楽しむ一時を

濃艶に例えられる代表作「刺青」を生み出した、女性の美しさを言葉で綴る谷崎潤一郎の文学。谷崎潤一郎の愛した老舗旅館から、物語に登場した地まで。文学を味わいながら、縁の地もたどってみませんか。

戦後の実力派文豪、三島由紀夫作品に縁あるコース

滅びの美学を取り入れた、戦後の実力派文豪、・三島由紀夫の魅力ある文章。登場人物の人情表現豊かに描写する美しい文章で知られる名作、金閣寺を初めとした三島由紀夫作品を愛する方にオススメしたいコースです。

幕末の京都と云えば新撰組。ゆかりの地を巡ります。

あなたの時代の沖田総司はどんな役者さんでしたか?新撰組ゆかりの地を訪れると、脳裏に浮かぶ顔は役者さんの顔ですね。

常盤御前ゆかりの地は、平安の昔を語ってくれます。

波乱万丈の一生を過ごした常盤御前の、牛若丸への想いの強さを改めて感じる事が出来ます。最期がはっきりしていないだけに、義経の後を追って東国に逃れたというまことしやかな伝説が気になります。

平安時代に思いを寄せて。紫式部ゆかりの地

時間を気にせずゆったりと、源氏物語や紫式部日記ゆかりのこの場所で、平安時代に思いを寄せて一句詠んでみるのもお勧めできる過ごし方!

陰陽師と安倍晴明にゆかりの地をゆっくりと巡る

安倍晴明と言えば、陰陽師。彼のファンも少なくありませんね。もっと深く知る為に、ゆかりの地をめぐってみませんか?新発見があるかもしれません。

松尾芭蕉の作品を思い浮かべゆかりの場所を歩く

数々の作品をこの世に残した松尾芭蕉。ゆかりの場所をゆっくりと歩きながら、お好きな一句を思い出してみて下さい。確かに、芭蕉の生きた時代を感じられるはずです。

坂本龍馬ゆかりのスポットで、感動歴史巡りはいかが?

かつて坂本龍馬の活躍した京都の町。龍馬をかくまった木材商、土佐藩邸跡、神社や龍馬の常宿など、彼の活躍と当時の世相がしのばれる歴史好きならずとも興奮間違いなしのスポット情報。

源義経をこよなく愛する方にお勧めのゆかりの場所

歴史をたずねて歩く旅が人気です。多くの人間から愛されている、源義経にゆかりの場所をめぐってみませんか?新しい発見もあるかもしれませんよ。

新撰組ゆかりのスポット。当時の京都が蘇ります

心のなかにかつての京都がよみがえる。京の町で活躍した新撰組ゆかりのスポットを訪ねてみませんか? 屯所の置かれた寺や新撰組がよく遊び芹沢鴨との因縁も深いお店など、彼らの気配を感じるスポットはこちら。

学問の神様として知られる菅原道真ゆかりの場所

菅原道真は、学問の神様としても有名ですね。なぜ彼がそのように呼ばれるのか、その理由を探してみませんか?ゆかりの場所をたずねてみましょう。

北政所ゆかりの場所をまわり歴史に身を委ねる

歴史好きな方は、実際に自分の目でゆかりの物やゆかりの場所を、観てみたいと思うものです。北政所をもっと学んでみませんか?京都は魅力的な地。思いは時間を超えて遠い過去へ。

弁慶ファンに是非足を運んで頂きたいゆかりの地

弁慶ありて義経あり。二人の物語は、多くの人間の心を揺さぶります。弁慶の魅力をもっと知る為に、是非足を運んでみて欲しいゆかりの地です。

紫式部の魅力とゆかりの地を訪ねて

平安時代中期の、女性作家でもあり歌人でもある紫式部。百人一首でも有名ですね。ゆかりの地を訪ねて、紫式部の世界に浸ってみませんか?

聖徳太子の秘密を探るべくゆかりの地をたずねる

誰もが知っている聖徳太子。まだまだ知られていない彼の様々な面を知る為に、ゆかりの地をたずねてみましょう。彼の一番の願いは、一体何だったのでしょうか?

壬生で新撰組ゆかりの地を巡る

新撰組寺として知られる壬生寺、新撰組の名を広めた池田屋事件の現場など、京都の壬生には新撰組ゆかりの地が集まっています。新撰組ファンなら一度は訪れて巡ってみたい。

戦国時代の火蓋を切った"応仁の乱"ゆかりの地

足利義政の後継者争いを機に、守護大名の家督争いが絡み始まった応仁の乱。有力大名らが「東軍vs西軍」に分裂して争い、戦いは11年にも及んだ。そしてこの乱は戦国時代の幕開けに通じる歴史上の重要なターニングポイントである。歴史の騒乱に思いを馳せるゆかりの地。