「梶井基次郎」の特集


レモンが憂う、梶井基次郎の心を語るゆかりの地

京都の学生街を爽やかに香るレモンが悲しく、主人公の心境を映し出す。心境小説派の大正文学の文豪、梶井基次郎が心のなかに感じた街並みを振り返る街並みを味わってみませんか?